Category Archives: 未分類

バンクーバーの交通事情、空港・路線・フェリーご紹介

交通好きな筆者が冬季オリンピックも行われたカナダ・バンクーバーの交通について紹介していこうと思います。

まずは玄関、バンクーバー国際空港。

この空港は エアカナダ、ウエストジェット航空が運行するカナダ国内の国内線の他に、カナダを除く17の国に

国際線が就航しています。日本路線はエアカナダ、日本航空が成田発着。全日本空輸が羽田発着で運行しています。

次はスカイトレイン。

全部で3路線あり、最初の路線は1985年に開業しました。

列車は日本の新交通システムのような自動制御の無人運転されています。

次はBCフェリー。

バンクーバーを含むブリティッシュコロンビア州は島が多く存在し、州内の移動はフェリーが主な交通手段となってい

ます。市南に位置するツワッセン港から発着しています。

最後はトランスリンク。

これはバンクーバー都市圏の交通行政の所管団体で、主にバス事業を主要事業としています。

特に日本では現在関西電力が富山県で運行しているのみで、昭和時代に都市交通としては消滅した路面電車と同じく道路

上に張られた架線から電気を受け取って走るトロリーバスが

バンクーバーでは通常の内縁機関のバスに混じって走っているのが特徴的です。

いずれもバンクーバーに滞在中は便利な移動手段だと思います。

カナダで一番スポーツを楽しめる都市トロント

カナダのトロントという都市は世界的にも有名な都市で、カナダでも最大の都市です。

カナダオンタリオ州に存在し、地図上ではカナダ南東のオンタリオ湖のすぐ傍にある作られた都市であり、対岸はアメリカのニューヨーク州となっています。

都市に住む人口はおよそ590万人で、北米ではニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴに続く人口を誇り、そこには様々な文化があります。

それらの文化の中で目を見張る物と言えば、やはりスポーツではないでしょうか。

メジャーリーグのブルージェイズ、アイスホッケーのメープルリーフス、バスケットボールのラプターズ、サッカーのトロントFC、カナディアンフットボールのアルゴノーツといった5つのプロスポーツが拠点を置いていて、他にもモータースポーツや競馬なども盛んです。

特にメジャーリーグは日本でも有名で、日本人選手として元ソフトバンクホークスの川崎宗則選手が所属し、そのひょうきんなキャラクターから地元でも愛される日本人選手として活躍しています。

どのスポーツでも総合優勝は無いものの地区優勝などは出来るレベルで、メディアにはスポーツ専門の放送局が複数あり、メジャースポーツ以外も盛んと言えます。

一つの都市で5つもプロスポーツが拠点を置いている所は他に無いので、スポーツ観戦を目的として観光に行くにも適した都市なのです。

バンクーバーの経済と歴史的なあれこれ

バンクーバーはカナダ西部のブリティッシュコロンビア州の西にあります。

2011年時点での人口は60万人を超え、都市圏人口は230万人を超えていて、カナダの西部を代表する都市です。

バンクーバー市の西にはバンクーバー島があり、その間の海域はジョージア海峡と呼ばれています。

バンクーバーという名は、バンクーバー島にちなんでいますが、この名は18世紀のイギリス海軍士官で、島を探検したジョージ・バンクーバーに由来します。

東側はロッキー山脈で、4,000メートル級の山々が果てしなく続いていきます。

山がちな地形であることから、19世紀から林業が盛んになって発展してきました。

林業の中心地としての役割から、いつしか天然資源の輸出港としての役割が大きくなり、20世紀に至ってもバンクーバーは発展しました。

人口の5割は白人系住人ですが、20世紀の末から中国香港人の移民が増えて、住民の3割程度は中国香港系住人となっています。

当地にはギャスタウンと呼ばれる、バンクーバー設立以前からの旧市街地があり、中華街が発展しているなどの特色もあります。

カナダ国内でのバンクーバーの存在感は大きく、中心市街はトロントに次いで2番めの金融センターと位置づけられています。

人も天候も最高!バンクーバー滞在記

みなさんカナダの都市、バンクーバーといえばやはり寒いと想像する方は大変多いと感じます。確かに北に位置しており、天候は寒いです。しかし面白いことは、アメリカの北の州の方がカナダの、バンクーバーよりとっても気温が寒く雪もたくさん降るということです。緯度や経度だけではわからないもんなんですね。また人についてですが、カナダの英語圏すなわちバンクーバーの人たちはとてもナイスです。礼儀正しくて、マナーがあって、人がいい感じがします。また英語のアクセントですが、北アメリカになりますので、基本的にはアメリカ英語の発音に大変似ています、スペルはイギリスの植民地関係などでイギリス方式のスペルを採用してますが、アクセントはほぼアメリカですね。また日本人が英語を海外で勉強するときに一番人気なのもカナダのバンクーバーじゃないでしょうか。それはおそらく気候と、治安、また物価の安さやアクセントが綺麗で聞きやすいということです。私個人的には、英語を勉強するにあたってカナダのバンクーバーはかなりお勧めしています。私はカナダ資格のアメリカ北部に居ましたが、カナダの影響などは少し感じましたね。人や、なにか。。笑 あとバンクーバーの街も本当に綺麗で感動します。

バンクーバーで経験した貴重な国際交流

大学1年生の夏、人生で初めての海外旅行に行きました。行き先は、カナダのバンクーバーです。知り合いの日本人が現地の人と国際結婚をしたので、その人に会いに行きがてらバンクーバーの街も観光をしました。

初めての海外で内心ドキドキの日々だったのですが、地元の人たちはとてもフレンドリーで、当時大学生で英語も上手く喋れなかった私に優しく接してくれました。

バンクーバーは移民の街としても有名な街で、特に私が滞在していたノースバンクーバーには、香港系や中近東系の移民が多く暮らしていて、この街が国際都市であることを目の当たりにしました。それぞれの国民のコミュニティが出来上がっていて、そこには必ずと言っていいほど美味しいレストランがありました。中近東に行かずとも、バンクーバーでその国の料理が食べられるなんて、カナダはなんて面白い国なんだろうと思ったものです。

バンクーバーで出会った友人たちの国籍も様々で、ヨーロッパから移民してきた白人系の人や、アメリカからビジネスで来ている人にも会いました。驚くことに日本からの移住者も相当居て、日本を離れてもカナダに住みたい彼らの気持ちをあれこれ聞いてみました。自然が豊かなのは勿論ですが、のんびりとゆったり暮らせるバンクーバーの暮らしは、もう手放せないと言っていた日本人の年配の方の言葉が忘れられません。

大学生と言ういちばん良い時期にカナダに旅行に行けて、現地で沢山の人と出会えたことは、今でも私の財産の一つになっています。

カナダの特徴と日本との関係、日本との違い

カナダは日本の約27倍の国土がありながら人口は約3500万人ほどで、言語は英語とフランス語が公用語となっています。

カナダは200を超える民族からなっていて、治安も良好です。

ただ、それでも荷物から目を離さないなど、最低限気をつけることは必要です。

日本との関係も良好で、様々な交流が行われています。

また、旅行に行くとレンタカーを借りて色んなところを巡りたくなるものですが、25歳未満は基本レンタカーを借りることが出来ません。

借りることが出来ても別途料金がかかることもあるので、大学の卒業旅行でカナダに行くという人は特に注意が必要です。

あと、火事を見かけたり、道端に誰か倒れていることも充分に考えられますが、そのときは全て911に連絡です。

日本だと110と119に分けられていますが、カナダでは同じ番号です。

時差に関しては、カナダの中でも開きがあります。

ただ、どのみち日本とは12時間以上は差があります。

時差ぼけはしやすいかもしれませんが、慣れてくると気にならなくなると思います。

また、つい気になってしまう水のことですが、基本は何処でも水道水を飲むことが可能となっています。

ですがやはり安全面は気になると思うので、ミネラルウォーターがお勧めです。

カナダは平和で住みやすいというイメージがあります。

実際、カナダには6万人ほどの日本人が住んでいるとのことですし、日本人にとっても住みやすい国なのかもしれません。

それに、カナダの知り合いが何人かいますが明るい人が多く、日本人ともすっかり打ち解けています。

国同士も仲がよいとのことですし、相性がいいのかもしれないですね。

ただ、日本にはカナダ人が1万人弱しかいないということなので、もっと増えてほしいものですね。

カナダは世界第2位かつ日本の約27倍の面積がありながら人口は3500万人ほどということで、全体的にかなり広々としています。

カナダ人の知り合い曰く、日本に初めて来たときの窮屈さにめげそうになったとのことでした。

カナダはかなり広いため、場所によって取り決めや料金などがだいぶ違います。

カナダを1つの国として一律で考えていると、その違いに驚くかもしれません。

その場所によってのものをしっかり調べたり把握しておく必要があります。

また、カナダは英語とフランス語を公用語としていて、場所によってはフランス語のほうがポピュラーだったり、看板もフランス語で書かれているところもあるくらいです。

英語が通じるかもしれませんが、そういった場所ではフランス語のほうがコミュニケーションが取りやすいかもしれません。

気候や服装は事前にチェックを、カナダでの過ごし方

“カナダは北米大陸にあり、ロシアに次いで世界で二番目に大きい面積を誇るその広大な国土のため、地域によって気候に大きく差があります。
日本ですら北海道と沖縄ではかなりの違いがあることを考えると、お分かり頂けるかと思います。
バンクーバーやビクトリアなどに代表される太平洋沿岸は暖流の影響で夏は涼しく乾いていますが、冬場の降水量が多いです。
カナディアン・ロッキーは寒さが厳しいため、夏季でも天候が悪いときには上着が必要なほどです。
カルガリーなどの平原地帯では、寒暖の差が激しいです。
五大湖一帯は四季が分かれているのですが、以東では夏は涼しく冬は比較的温暖です。
北極圏の極北地方は、その名前の通り一年中寒さが厳しいです。北部の方は冬にマイナス50℃近くまで下がるほどの酷寒地です。
大まかに分けると上記のようになりますが、太平洋側の西海岸沿岸部を除くと広大な国土のほとんど全域が亜寒帯もしくは寒帯に属していますので、カナダ全体としては寒い国というイメージで間違いではないです。
カナダで生活していく上で気に留めておいて欲しいのが、首都であるオタワの冬の寒さです。
オタワは一番寒い月の平均気温がマイナス10℃以下で、マイナス30℃近くまで下がることがあるほど寒いです。
降雪量も多いため、日本の北東北の日本海側や北海道をイメージすると似ているかと思います。
また、国土のかなりの範囲が北極圏に入るため、大部分のカナダ人はアメリカとの国境から200km以内に住んでいます。”

性能の良い家電を使いたい、日本の家電はカナダで使える?

電気のコンセントというのは、国によってそれぞれ形状が異なります。日本で一般的に使用している二穴コンセントではなく、三穴コンセントが主流になっている国もありますから、まずはカナダのコンセント事情を知っておきましょう。
実はカナダのコンセントというのは日本と同じで、二穴タイプです。これは、Aタイプと呼ばれるものであり、日本の家電製品のコンセントと同じですから、そのまま挿すことが可能です。

家電製品はもちろんカナダでも購入することが可能ですが、カナダで就職・転職するにあたって長期間の滞在となると今まで使ってきた馴染みのあるものをそのままカナダでも使いたくなるはずです。
そうした場合には、日本から家電製品を持っていってカナダで同様に使用するとなった時に、コンセントの形状に関しては特に大きな問題はありません。

ただ気をつけて欲しいのが、日本とカナダでは電圧が異なるということです。カナダの電圧というのは、110~120Vに設定されていますから、日本よりも少々高くなっているのです。ですので、まずはコンセントに接続する前に、使用したい家電製品がどの程度の電圧に対応しているのかをチェックしておく必要があります。
パソコンやデジタルカメラ、スマートフォンなどでしたら海外の何処でも使えるように240Vまでといったように高い電圧にも対応していることが多いのですが、その他の家電ですと日本国内専用のものもありますから注意が必要なのです。