気候や服装は事前にチェックを、カナダでの過ごし方

“カナダは北米大陸にあり、ロシアに次いで世界で二番目に大きい面積を誇るその広大な国土のため、地域によって気候に大きく差があります。
日本ですら北海道と沖縄ではかなりの違いがあることを考えると、お分かり頂けるかと思います。
バンクーバーやビクトリアなどに代表される太平洋沿岸は暖流の影響で夏は涼しく乾いていますが、冬場の降水量が多いです。
カナディアン・ロッキーは寒さが厳しいため、夏季でも天候が悪いときには上着が必要なほどです。
カルガリーなどの平原地帯では、寒暖の差が激しいです。
五大湖一帯は四季が分かれているのですが、以東では夏は涼しく冬は比較的温暖です。
北極圏の極北地方は、その名前の通り一年中寒さが厳しいです。北部の方は冬にマイナス50℃近くまで下がるほどの酷寒地です。
大まかに分けると上記のようになりますが、太平洋側の西海岸沿岸部を除くと広大な国土のほとんど全域が亜寒帯もしくは寒帯に属していますので、カナダ全体としては寒い国というイメージで間違いではないです。
カナダで生活していく上で気に留めておいて欲しいのが、首都であるオタワの冬の寒さです。
オタワは一番寒い月の平均気温がマイナス10℃以下で、マイナス30℃近くまで下がることがあるほど寒いです。
降雪量も多いため、日本の北東北の日本海側や北海道をイメージすると似ているかと思います。
また、国土のかなりの範囲が北極圏に入るため、大部分のカナダ人はアメリカとの国境から200km以内に住んでいます。”